篠原涼子はどんな性格?良い?悪い?実は〇〇な性格だった

Pocket

2020年6月17日からスタートした

日本テレビ系の新ドラマ「ハケンの品格」

 

2007年にも放映されていたのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

2020年度版ハケンの品格は2007年度版の完全な続編となっているため期待も高いですね。

 

このドラマの主役を演じる篠原涼子さんのドラマでの設定は

「時給3000円で雇われ、あらゆる分野に卓越し、人間離れした能力を持つ」

という文字通りのスーパー派遣社員として描かれています。

 

そんな篠原涼子さんですが

実際はどんな性格なのでしょうか?

 

ここでは篠原涼子さんの性格について詳しくまとめてみました。

↓ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックで喜びます!(^^)!


芸能・音楽ランキング

篠原涼子はどんな人? (年齢・本名・身長・血液型・出身・学歴・結婚の有無・年収)

生年月日:1973年8月13日(46歳)

本名:同じ(しのはら りょうこ)

身長:162cm

血液型:B型

出身:群馬県桐生市

最終学歴:桐生第一高等学校(中退)

結婚の有無:有(俳優の市村正親さん)

デビュー:1989年

年収:1億(推定)

篠原涼子の性格は良い?悪い?


篠原涼子さんはどんな性格の方なのでしょうか?

 

篠原涼子さんと言えば

「明るく天然ぽいところもあるけどサバサバしている性格」

というイメージがあります。

 

ハケンの品格の見すぎでしょうか(笑)

 

ただネット上では

「篠原涼子が性格が良いか悪いか?」

という答えは

「性格は良い」

という意見が多いです。

 

「性格が悪い」

というエピソードもなさそうですし

ネットでの評判も良いみたいですね。

篠原涼子の性格は理想の上司?

篠原涼子さんは上司にしたいタレントでは第4位らしいです。

ドラマ「ハケンの品格」のイメージも強いかと思いますが

「上司にしたい人に共通する性格」

として

「親しみやすく部下に共感できる性格」

というのは共通しているそうです。

 

「仕事が上手くいかない」

「会社にいずらい」

「人間関係がうまくいかない」

 

こんなときに社内にあなたの悩みを分け隔てなく聞いてくれる人がいたら心強いですよね。

 

でも経験ある人も多い思うのですが

「何となく近づきにくい人」

っていませんか?

 

別にその人と何の利害関係がなくても

「何か分からないけどあの人冷たそうで近づきにくい・・」

と思う人、一人は必ずいるはずなんです。

 

こういう人が上司になると高確率で詰みます(笑)

(経験済)

 

これとは正反対に

会社で親しみやすい人とは

「いつでも自分に話しかけてきてくれていいからね 悩みはなんでも聞くから・・」

みたいなオーラーを出している人。

 

実際こういう人は物腰も穏やかで優しい人が多いんですよね。

 

こういう人がもし上司なら

「自分がもしこの先仕事で悩みが発生してもこの人がいるから大丈夫だ」

という安心感が生まれ社内での居心地もよくなります。

(これも経験済)

 

仕事を継続する上でこの

「安心感」

はめちゃくちゃ重要です。

 

 

篠原涼子さんが理想の上司ランキングで選ばれるのは

彼女の性格が

「親しみやすく悩みも何とか解決してくれそうで困ったときは話も聞いてくれそうな姉御肌的な性格」

といったイメージがあるからかもしれません。

 

確かに篠原涼子さんみたいな女性がもし会社の上司なら安心して働けそうです。

篠原涼子の性格は自分に厳しく人には優しく

篠原涼子さんは

「自分に厳しい性格」

ともいわれています。

 

歌手としても大成功された篠原涼子さんを当時プロデュースされていたのは

あの小室哲哉さんです。

 

1994年に発売された彼女のCD

「愛しさととせつなさと心強さと」

は累計200万枚を突破するほどミリオンセラーとなりました。

 

「篠原涼子は知らなくてもこの歌は知っている」

という人は多いのではないでしょうか?

「小室哲哉のような超大物プロデューサーがバックについていたから篠原涼子は成功して当然」

と思われるかもしれません。

 

確かに小室哲哉さんの影響力は大きいでしょう。

筆者の世代(40代)はとにかく小室ファミリーがとにかく全盛期でした。

 

安室奈美恵、華原朋美、globe・・

いずれもミリオンセラーを叩き出しています。

 

とにかく当時は

「小室が絡んでいる歌手は絶対売れる」

みたいな風潮がありました。

 

しかし篠原涼子さんが自分に厳しい性格と思われるエピソードがあります。

 

それは

「私はプロだからいつまでも他人に頼っていてはいけない 自分で何とかしなきゃ」

ということ。

 

そのエピソードがこちら・・

小室ファミリーを卒業して独り立ちするとき、

「認められたという達成感とこの先の不安」

が複雑に交差したようですね。

 

小室ファミリーを脱退するときは相当な覚悟だったに違いありません。

 

「人に頼らず自分の力で未来を切り抜ける」

という決断をされた篠原涼子さんは

「自分に厳しい性格」

がそうさせたのです。

 

篠原涼子さんの中で

「未来を切り開くのに甘えや妥協は許されない」

ということですね。

 

篠原涼子さんが現在女優として大成功されているのは

こういった性格が影響していると思われます。

 

「誰にも頼らず自分を磨いて一流の女優になろう」

こういったストイックさが現在の彼女を作っているのです。

 

こういう性格からも

「ハケンの品格の主人公」

と似ているんですよね(笑)

だからまさにこのドラマにうってつけの役柄なんです。

まとめ

篠原涼子さんの性格は

「親しみやすい性格」

「理想の上司にしたい性格」

「自分に厳しく人には優しい性格」

ということです。

 

これを前提条件に置いて

「ハケンの品格」

を観るとまた新たな発見があるかもしれませんね!(^^)!

↓ブログランキングに参加しています。ポチっとクリックで喜びます!(^^)!


芸能音楽ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)